×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

翻訳の会社の仕組み

翻訳 会社と一言でいっても、100人を超える大きな会社のものから個人事業まで数多くの会社があります。たいていの場合、営業やコーディネートを主にする社員と、自宅で翻訳をするトランスレーター(言語処理系の中で主に高級言語から高級言語へ変換するものをいいます)で構成されています。社内にトランスレーターを常駐させている翻訳会社は少ない傾向にあります、常駐させているとしても人数は限られているでしょう。ようするに多くの仕事は翻訳会社のコーディネーターや営業マンなどを通して、在宅の翻訳者(トランスレーター)の委ねられるのです。 どの仕事がどの翻訳者の手に渡るかは、その時々の状況に応じて変わる可能性があります。翻訳者が専属でその会社に所属している場合を除いては一人の翻訳者に複数の翻訳会社が依頼していることも多いといわれます。つまり、別々の翻訳会社に頼んでも、同じ人が翻訳している可能性もあるんですね。

翻訳会社の選び方

翻訳の会社を選ぶ上で、大事なポイントを押さえておきましょう。まず、守秘義務や個人情報の取り扱いについては重要なポイントです。これらのことは翻訳会社の担当者と面談して確認するのがベストです。次に専門分野があるところを候補にしてみましょう。やはり「なんでも出来ます」というのはあまり信用できませんね。病院と同じです。専門医の方が信用できますよね。特に法務文書については多くの経験・実績をもった翻訳者が揃った会社を選ぶのが賢明です。複数の翻訳者での作業もスムーズに出来る環境かどうか、翻訳者の育成に取り組んでいるかどうかなどもポイントです。翻訳者の研修などを定期的に行っている会社はよいですね。もう一つ最後に重要なポイントです。料金だけで翻訳会社を選んではいけません。かならず翻訳の進め方、品質管理の仕組みについて確認することが必要です。最近ではトライアルという試訳を提出させて実力を見せてもらう方法を行っている会社も多いのでぜひ活用してもらいたいです。

翻訳会社に勤めるには?

英語を使うあこがれの仕事といえば、翻訳の仕事ですね。映画の字幕や小説の翻訳などメディアに出てくる翻訳は華やかであこがれますね。小説など出版物を手がける翻訳は文芸翻訳といわれています。映画やテレビドラマなどに字幕を入れる翻訳は映像翻訳などと呼ばれています。IT関係や医療など高い専門知識が求められる分野や、家電やカメラといった機材のマニュアル翻訳。企業の契約書や報告書などを翻訳する産業翻訳があります。仕事の数が多いのはやはりこの産業翻訳です。私の友人も在宅で電化製品の取扱説明書を訳しています。産業翻訳には、2種類あって、在宅で翻訳の会社から仕事を請けるか、社内の翻訳スタッフとして、企業にいて社内資料や契約書などを訳するケースもあります。翻訳者になるためには、海外生活経験は必要かというと、実際は海外で暮らしたことのない人が自力で勉強し翻訳者になる人もいるため必ずしもそうである必要はないのです。大事なポイントは、翻訳する言語にも(和訳なら日本語)長けていなければならないということです。

Copyright © 2007 翻訳の会社を賢く使う!